ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

お知らせ
音訳ボランティア グループあかね

令和2年「市民と市政7月号」にそえて

はじめの言葉

 庭のアジサイが雨を含み、日毎に紫色を深めています。家で過ごすことの多いこの頃、朝夕の小鳥のさえずりや時折吹き込むさわやかな風に心がなごみます。もうすぐ暑い夏がやってきますね。

 

「あかね」からのメッセージ

 新型コロナウイルスのパンデミックが起きて半年余り、ようやく徐々に自粛が解除され、少しずつ日常が戻りつつあります。富山県では、ここ1か月以上新たな感染者がいませんが、私たちに出来ること、マスク、手洗い、蜜を避けることを守って、第二波をなんとか防ぎたいですね。

 しばらくは梅雨のうっとうしい日が続きますが、お元気でお過ごしください。

令和2年「市民と市政6月号」にそえて

はじめの言葉

 ようやく緊急事態宣言が解除され、窮屈な自粛生活から解放されてホッとしましたね。いつの間にか木々の緑は深くなり、青田の上をツバメが飛び交う季節になりました。

 

「あかね」からのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大について、心痛めながらの毎日をお過ごしの事と思います。高岡市は他の地域よりも感染者が少なく、第一波はおさまりつつあります。それぞれの方々のご苦労がしのばれます。第二波、第三波も無くこのままの状態が続くように努力しましょう。

令和2年「市民と市政4月号」にそえて

はじめの言葉

 暖かな日差しに誘われて、頭川の里山に出かけました。ピンク色のショウジョウバカマ、山桜、紫色のスミレ、真っ赤な藪椿達は今年もしっかりと春を運んで来てくれました。コロナウイルスで沈んでいる私達の心を元気づけてくれました。

 

「あかね」からのメッセージにかえて、「視覚障碍者の方々への新型コロナウイルスの感染対策のお知らせ」

をお届けしました。  

 

 

令和2年「市民と市政3月号」にそえて

はじめの言葉

 記録的な暖冬で、春の草花の開花が例年よりずいぶん早まっています。古城公園の梅林ではたくさんの紅白の花が咲き誇り馥郁とした香りが遊歩道に漂っています。

 

「あかね」からのメッセージ

 新型コロナウイルスの感染が世界中に広がってきました。日本では首都圏から地方にまで広がっています。潜伏期間が長く症状もはっきりしないので心配が募ります。感染を防ぐためには、マスク、手洗い、消毒などが有効なようです。ウイルスの脅威はいずれ終息するでしょうが、安心して生活できる早く来るよう祈るばかりです。

 お身体大切にお過ごしください。

令和2年「市民と市政2月号」にそえて

はじめの言葉

 スーパーの店頭には、早々と菜の花やふきのとうが並びました。記録的な暖冬の影響は食卓にも表れています。富山らしい雪の日は来るのでしょうか。

 

「あかね」からのメッセージ

 世界を不安にしている新型コロナウイルスの患者がとうとう日本にも出てしまいました。私達が出来る事、マスク、手洗い、うがいなどを徹底して、早く終息するのを願うのみです。

 寒暖差のある日が続きます。お元気でお過ごしください。