ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

お知らせ
音訳ボランティア グループあかね

平成30年「市民と市政10月号」にそえて

はじめの言葉

 暑かった夏も過ぎ、秋風が爽やかな季節になりました。踏切の傍の道路わきに、真っ赤な彼岸花が揺れています。虫の声も日ごとに賑やかになりました。

 

 「あかね」からのメッセージ

 爽やかな青空に恵まれた秋分の日、大仏さんのお身ぬぐいが行われました。読経の後、白装束に身を包んだ男衆20人が大仏さんの顔や身体を拭き清めました。さっぱりと美男になられた大仏様は、これからもずっと私達高岡市民をみまもってくださるでしょう。

 暫らくは寒暖の差が大きい日が続くかと思います。どうぞお身大切にお過ごしください。

 

平成30年「市民と市政9月号」にそえて

はじめの言葉

 挨拶代わりに、「暑いね~」の連発の毎日、相次ぐ台風や豪雨の被害、異常気象の猛暑に体調を崩す人もあるようですが、少しだけ朝晩の空気が違ってきたようです。

 

「あかね」からのメッセージ

 夏の高校野球大会では、高商ナインがベスト8を目指し、強豪校相手に健闘しましたね。また、万葉歌人大伴家持の生誕1300年を記念した、「高校生万葉短歌バトルin高岡」が開かれ、高校生たちが恋心や学校生活、家族愛を三十一文字に織り込み歌の魅力に浸り、友情を深めました。

 少し涼しくなりましたが、お身体に気を付けてお過ごしください。

平成30年「市民と市政8月号」にそえて

はじめの言葉

 夏の甲子園大会に富山第一高校を制して高岡商業高校が出場を決めました。昨年に続いて19回目の快挙です。猛暑の中での若者たちのきびきびした姿に感動しました。全国高校野球大会は今年は100回記念の節目の大会です。良い成績を期待しましょう。

 

「あかね」からのメッセージ 

 スポーツの話題が、サッカーワールドカップから、朝ノ山の活躍、さらに2020年の東京オリンピックへと続いていきます。でも炎天下の開催が課題のようですね。

 まだまだ酷暑が続くようです。お身体に気を付けてお過ごしください。

平成30年「市民と市政7月号」にそえて

はじめの言葉

 梅雨の晴れ間に散歩をしていると、あちこちに咲いている紫陽花が目に入ります。街路樹のあい間を吹き抜ける風は心地よく、うっとうしい気分を少しなごませてくれるようです。

 

「あかね」からのメッセージ

 先日の悲惨な事件で、富山県・全国が震撼しました。思いがけずの事件が多く、家庭環境・社会環境などの悪化なのでしようか?考えさせられました。明るい話題が多いふるさと高岡であってほしいいものです。

 お元気でお過ごしください。

平成30年「市民と市政6月号」にそえて

はじめの言葉

 古城公園ではドングリの木の花の匂いが漂っています。学校では運動会の子供達の歓声が響きます。賑やかな声に元気づけられます。

 

「あかね」からのメッセージ

 先月、ポーランドと日本の女子レスリングの合宿が高岡で行われ、地元の園児や児童との教室も開かれました。登坂選手らと練習する子供達の中から将来のオリンピック選手が生まれてくれると良いですね。

 お元気でお過ごしください。

1 2 3 4 5 6 17