ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

活動の記録
高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

猛暑日にガイド

 6月30日 今日で1年の半分が終了。 あっという間の半年間。いろいろなことがあった。

県下各地で30度を超す猛暑日となったこの日、多治見からのお客さん25名をを鷹西さん、室谷さんの二人がガイド。

白井会長も応援。

1時間半のガイドで時間はたっぷり。《半端ない》説明にお客さんも満足。

  

             仲良く並んでガイドさんの説明を聞く。

 

             梅園付近 お城には必ず梅の木があったと言われている。(梅干し→保存食)

 

              利長公銅像 自慢の銀鯰尾形兜 今から行かれる富山城資料館に現物展示あり。

 

             鍛冶丸 後方ブロンズ像は荻原碌山の最高傑作「女」 石膏原型重要文化財。

 

             2グループ合同で《民部の井戸》 井戸端会議ならぬ井戸端ガイド

 

             カメさんの甲羅干し。首を持ち上げガイドさんの説明に聞きいっているのかな? 

 

                                                   本保澄雄

 

 

 

高岡古城公園、高岡大仏で現地講座

 高岡古城公園・高岡大仏を舞台に「高岡観光ボランティアガイド養成講座」が行われた。

この講座は「観光ボランティアガイドの養成」を目的に高岡観光協会が毎年行っている行事。

その現地学習第1回として行われたもの。

第1回は「古城公園・大仏」。講師は《やまたちばな》福岡さん。 受講生25,6名。

               まずはご挨拶  若さがいっぱい。うらやましい

 

               白井会長もガイドブックを手に応援

 

            梅園 平成8年 全国都市緑化とやまフェア開催を機に整備された

 

             二ノ丸 ここは利長正室・永姫の屋敷があった場所

 

              高岡大仏の歴史など 高岡大仏は民間の力で作られた

                                         受講生の手には《やまたちばな》が作成した『高岡古城公園ガイド』が。

 

                                                   本保澄雄

研修旅行 岩瀬の町並みを楽しむ(2)

研修旅行 岩瀬の町並みを楽しむ(2)。 写真提供は白井さん

  岩瀬・富岩運河についてしっかりとお勉強。

 

                  全員で記念写真 「ハイ!チーズ}

 

                   もぐもぐタイム(男性陣)

 

          ガイド魚谷さんの自宅。素晴らしいお屋敷。飛び団子 御馳走様でした。

                                                                  

                岩瀬の町並み。魚谷さんのわかりやすい説明に感激。

                                           本保澄雄

 

 

研修旅行 岩瀬の町並みを楽しむ

 6月16日 恒例の研修旅行。参加者9名。今年は北前船で栄えた港町岩瀬を研修旅行。

 まずは富岩運河環水公園を出発 目的地・岩瀬まで約5.1km・1時間の船旅を楽しむ。 

             ソーラー船「ふがん」 ガイドさんの説明は親切。丁寧。わかりやすかった。

富岩運河最大の見どころ「中島閘門」

                                磯料理「松月」の前で記念写真

                

              季節限定 松月さん自慢の シロエビ料理

                 「もぐもぐタイム」(女性陣)「すごくおいしいね!」「そだね!」

 

   岩瀬街並みガイド 魚谷さん自宅前 自宅で『飛び団子』の由来(紙芝居)&「飛びだんご」を頂く。

                                                                                                                                                  国指定重要文化財  北前船廻船問屋 森家

 

楽しくまた有意義な1日でした。 幹事さん有難うございました。ご参加の皆さん。お疲れさまでした。

                                                                    本保澄雄

 

「大垣ロータリークラブ・城の会」一行様 高岡城跡を探索

 5月21日 五月晴れ(ごがつばれ)の心地よい日、「大垣ロータリクラブ・城の会」一行様7名が高岡城跡を探索。

 ガイドは本保が行った。

 大垣市は一夜城での有名な墨俣城があるためか、城や歴史に詳しい人ばかり。高岡城跡についても事前勉強バッチリ。

 歴史的な会話や質問がたくさんあった。高岡城跡の堀のすばらしさに大変感動しておられた。

全員ゆったりとした感じで写真を撮りまくり、射水神社では御朱印を書いてもらったりお守を買われたり。お宮さんでのエチケットなどさすがロータリークラブの皆さんだなという感想を持った。

 予定時間を30分以上オーバーしたが私にとっては楽しい時間であった。何度でもガイドしたい訪問者であった。

                 利長公 銅像をバックに全員勢ぞろい

 前田利長公と蒲生氏郷公が同じ形の「銀鯰尾形兜」を着用していたことを知っておられたのには驚き。

(蒲生氏郷の正室は利長公正室と同じく織田信長の娘。一説には利長は蒲生氏郷からこの兜を譲り受けたともいわれている。)

 

                 国史跡「高岡城跡」石碑の前

 


                                                     本保澄雄