ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

2023年4月
高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

サクラシーズンもそろそろ終わり

 3月下旬から咲き始めていた高岡古城公園のサクラ。

園内18品種のサクラが次々と順序良く咲き市民や観光客の目を楽しませていたが、桜のシーズンもそろそろ終わり。

園内で一番最後に咲くサクラ ケンロクエンキクザクラは今が満開。

これが散ると公園内の桜の花はすべて終了。新緑の季節を迎える。

            射水神社→本丸の道路右側(土塁上) トイレの近く

                           案内板

2023.4.29

              高岡観光ボランティアガイドやまたちばな

                    本保澄雄

ウワミズザクラ満開

 高岡古城公園のウワミズザクラが満開です。

ウワミズザクラ、「これがウワミズザクラ」と言われて初めて気が付くような桜。全く他の桜とはイメージが違うサクラです。

高岡古城公園には60本余りあるそうですが私はまったく気が付きませんでした。

《やまたちばな》の会員に「ウワミズザクラが咲いているよ」と言われ高岡古城公園へ見に行ったがわからず。

他の桜を「これがウワミズザクラかな」と思ってカメラに収め帰ってきた始末。

その後、間違いに気づき再度探しに。ようやく見つけた次第。

動物園北側の堀端法面(トイレの斜め後ろ当たり)や射水神社前などで見ることができた。

名前の由来は、昔、亀の甲を焼きできた裂け目で吉凶を占う亀卜にこの木の上面に溝を彫って使ったので『上溝桜』などといわれたといわれています。鹿の骨という説もあります。

どちらもウワミズザクラに転訛したものだそうだ。(パソコン)

 

                   ブラシ状に花が連なっている

 

 

                   花の一つ一つが小さい

 

  なお、4月からインスタグラムでも情報発信を行っています。そちらのほうもご覧ください。

 

2023.4.25

                      高岡観光ボランティアガイドやまたちばな

                        本保澄雄

本年度ガイド第1号

 4月2日(日)快晴のもと本年度ガイド第1号を行った。

依頼者は高岡市国際交流協会さん。

高岡市国際交流会さんとあって参加者は中国、フイリッピン、韓国などほとんどが外国の方。

中には和服を着た方もおられた。ガイドは土代さん、本保。

1時間半、小竹薮スタート、駐春橋解散、花見をしながら「やさしい日本語で桜を中心に」という注文もありいつもとはちょっと違うガイド。

それでも終わった後「丁寧でわかりやすかった」と好評。

 

                  まずは参加者で記念写真

                 オオシマザクラの説明 ガイド土代さん

 

                参加者には日本人顔負け あでやかな和服姿の女性も

 

     2023.4.2

               高岡観光ボランティアガイドやまたちばな

                   本保澄雄