ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

梅雨を迎える

 北陸もそろそろ梅雨入り。 梅雨の語源は一説には「梅の実が熟す頃」の雨。古城公園梅園の梅の実はどうなっているか気になるところ.

 

                      まだ青いものがほとんど

中にはほんのりと赤みがかったものも。 毎年150㎏くらい穫れるとか。 数年前には希望者に分けてくれた。

                  

5月24日?に誕生 フンボルトペンギンの赤ちゃん(向かって右側) 名前は「強(きょう)」 強く育ってほしいからとか

   本保澄雄

             

 

高岡古城公園の桜 満開

 「日本さくらの名所100選」にも選ばれている高岡古城公園は好天にも恵まれ今が満開

                                                                        梅と桜の競演(梅園)

                       満開の標準木(動物園前)

 

 

・願はくは 花の下(した)にて 春死なん その如月(きさらぎ)の 望月(もちづき)の頃

                   西行法師 平安末期から鎌倉初期の武士・僧侶・歌人  『山家集』

 

 西行法師が生前に詠んだ歌。「できれば2月15日頃(陰暦・太陽暦では3月末)満開の桜の木の下で死にたい。」という意味。

 驚いたことに西行法師はこの歌とおり陰暦2月16日、釈迦涅槃の日に入滅した。

 

西住塚(さいじゅうづか) 西住は西行法師の愛弟子。現・砺波市庄川町三谷出身。塚は三谷の主要地方道新湊・庄川線東側にある。西行・西住の二人が北国への旅の途中西住の故郷三谷村まで来たとき西住が病を得て死亡。西行は塚を築き骨を埋め、その上に石碑を建て桜を植えて弔った。石碑(代石)の碑面には西行・西住それぞれの歌が刻されている。砺波市指定史跡

 当時の石碑は慶長16年(1611)に前田利長が大清水(現高岡市)に御亭を造ったとき、誤って持っていかれたまま返されず、現在は永願寺の境内にそれが建っている。

 

・清水(きよみず)へ 祇園よぎる 桜月夜 こよい逢う人 みなうつくしき

                           与謝野晶子/『みだれ髪』 晶子22歳 第1歌集

        桜のおぼろ月夜、清水へ行こうと祇園をよぎって行くと月も美しい。

   私の心が浮き立っているせいか、逢う人がみなきれいに見えました。

     (「夜目、遠目、笠の内」と言いますからね)

 与謝野寛・晶子 夫婦は 昭和8年秋に 高岡市を訪れている。高岡古城公園で、寛は1首、晶子は5首の歌を詠んでいる。

    晶子 「紅葉散る 朝暘橋を わが越えて 丘にたつれば しろし立山」

    寛  「高岡の 城の公園 静かなる 水と紅葉と 路めぐりゆく」

 

・「春高楼の花の宴 めぐる盃かげさして・・・・・・」

   有名な滝廉太郎作曲の「荒城の月」 滝廉太郎は父親の転勤により、小学校1~2年生のころを富山で過ごした。

   このことから代表曲「荒城の月」は富山城をイメージしたものではないかとも言われる。

   富山城西側に歌碑が設置されている。

                    本保澄雄

 

 

 

 

 

梅 満開 蕗の薹(ふきのとう) カタカゴも

3月24日(土) 先日來の寒さも吹き飛びぽかぽかの春の陽気。

この陽気に誘われ梅園の梅は一斉に開花。満開状態。

                  カゴシマベニ

                    カタカゴ

                     蕗の薹(ふきのとう)

                                                  本保澄雄

新品種 コシノカモザクラ

 高岡古城公園で見つかった新品種のサクラは「コシノカモザクラ」と命名された。

コシノカモザクラは小竹藪西側にあり、高さ約3㍍、樹齢約30年以上と見られる。

県中央植物園の大原隆明主任が2010年に新品種として学会で発表。31日に学会誌で発表される予定。

発見されるまでは「キンキマメザクラ」とされていた。

キンキマメザクラとカンヒガンザクラの特徴を合わせ持つ。

同公園の木々を整備した高岡市戸出出身の園芸家加茂善治さんが交配して植えた可能性が高いことから、「コシノカモザクラ」と命名された。 県内では高岡市極楽寺、砺波市頼成の森と弁財天公園、富山市の県中央植物園で見られる。これで公園内の桜の品種数は19品種となった。

                         コシノヵモザクラ

 

もう一つ、学名に加茂さんの名前が付いた桜

 二上桜(フタガミザクラ)学名 Cerasus incias ‘Kamoana’

   1970年4月に富山県高岡市・二上山で長基健治、船津金松などによって発見されたキンキマメザクラの八重咲品種。

   葉の形質などからキンキマメザクラと山桜の雑種として推定する説もある。なお、学名の Kamoana  は富山県の桜の保護・育成に尽力した加茂善治氏を記念したもの。富山県中央植物園にある。博労町加茂さん自宅にもあるそうです。

                            二上桜

                                                                                                                                                                                    本保澄雄

 

早春の古城公園

 

本日(3/11)は久しぶりの晴。

早速古城公園を散策。公園内に春を見つけた。 公園内梅園には約50本、12種類の梅があり、早いものはそろそろ満開。

種類によってはまだ蕾のものもあり3月末位まで梅を楽しむことが出来そう。

                      梅園 コウトウジ 

                     梅園   トウジ

                      動物園  陽光を浴びるフラミンゴ

                     中の島 飴色の若葉をつけたヤブコウジ

                                      本保澄雄