ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

和田川から引き揚げられた高岡城石垣の石

高岡駅南口広場、緑地内に利長公の銅像がある。そばには大きな石もあり、解説の案内板も立っている。

 

解説案内板には

               前田利長(1562~1614)

  永禄 5年(1562) 前田利家の嫡男として尾張荒子に生まれる。

  慶長 3年(1598) 加賀藩2代藩主となり120万石余りの大藩に育てる。

  〃 14年(1609) 高岡城を築いて城下町を開く。

  〃 19年(1614) 高岡城において53年の生涯を閉じる。

                高岡城の石垣

 この石は、明治初期に和田川の河川改修工事の際に高岡城から運び出されたものとされている。石の表面に矢穴(石を割る際に楔を打ち込んだ跡)や刻印(記号を石に彫り込んだもの)がみられ、石垣に用いた石材だと考えられる。同様の石は、高岡市立博物館、高岡古城公園本丸広場に展示されているほか、高岡城の本丸と二の丸を結ぶ土橋の両面に石垣が現存している。また平成21年4月に高岡開町400年記念事業として開催した「高岡築城まつり大石曳き」で実際に使用された。

 

          利長公銅像 石垣の石(銅像と案内板の間の黒い塊) 解説案内板 

        

         高岡城石垣に使用されていた石。よく見ると矢穴が見える。刻印は見えない。

 

 

     2022.9.26

                     高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

                      本保澄雄