ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

高岡市共創まちづくり課からのお知らせ

【募集】パネル展で活動をPRしませんか

高岡市では市民の皆さんに、市内で活動するNPOや市民活動団体の魅力をさらに深く知っていただくため、「パネル展」を開催する予定です。

団体の活動紹介や団員・ボランティア募集の告知等にお役立てください。

※参加無料です。応募多数の場合は先着順となります。

 

◇開催場所(予定)
・高岡市役所1階ロビー
・イオンモール高岡

詳細は市のホームページをご確認ください。
https://www.city.takaoka.toyama.jp/kyodo/kurashi/kyodo/shien/pr.html

 

【お問い合わせ先】
高岡市役所 共創まちづくり課
〒933-8601 高岡市広小路7-50
TEL:0766-20-1328 FAX:0766-20-1641
Mail:kyosomachi@city.takaoka.lg.jp

【募集】市民共創チャレンジ事業を募集します〔期間延長しました〕

※新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて申請期間を令和2年8月31日まで延長します

【事業の趣旨】
高岡市では、「共創の指針」に基づき、「市民が主体的なまちづくり」を推進しています。「市民が主体的なまちづくり」とは、高岡市をよりよくするために、市民のみなさんが自分たちのまちについて考え、創り、育てていくことです。
それには、市民、団体、企業、大学、地域、行政等がこれまで以上に連携すること、地域の課題解決や新たなまちの魅力や地域の価値を創り上げることを目指して取り組むことが必要です。これを「共創」による取り組みと呼んでいます。
市民のみなさんが連携して、地域を元気にし、魅力あふれるまちを創る「共創」による取り組みに対し、支援を行います。

令和2年度市民共創チャレンジ事業募集チラシ(PDF)

【事業の概要】

対象事業

市民、団体、企業、大学、地域等が連携して地域課題の解決や新たなまちの魅力を創出するために取り組む事業

令和2年度中に完了する事業


※次のような取組み例は対象とならないので、取組み内容を一工夫やプラスするなどしてください。

冊子の作成のみ
イベントや祭りの開催のみ
ハード整備(土地、建物等)のみ

申請できる団体 市内で公益的・公共的な活動を行う、5人以上の会員で組織する市民活動団体、企業、地縁組織、大学等が2団体以上連携した団体(連携主体)
補助金 〔補助限度額〕
連携主体を構成する団体数が2団体以上…10万円
連携主体を構成する団体数が3団体以上…15万円
連携主体を構成する団体数が4団体以上…20万円
〔補助率〕
補助対象経費の80%※千円未満の端数は切り捨て
事前相談期間 令和2年8月7日(金曜日)まで
※事業内容の確認のため、申請書提出の前に、必ず共創まちづくり課にご相談をお願いいたします。
申請期間 令和2年8月31日(月曜日)まで
申請方法 申請書類を共創まちづくり課へ直接ご提出ください。

【提出書類】
(1)申請時の提出書類

  1. 市民共創チャレンジ事業補助金交付申請書(様式第1号)(word)
  2. 市民共創チャレンジ事業計画書(様式第2号)(word)
  3. 市民共創チャレンジ事業収支予算書(様式第3号)(word)
    (委託料、原材料費、工事請負費、備品購入費については、見積書やカタログの写し等金額の分かるものを添付してください。)
  4. 連携主体概要書(様式第4号)(word)
  5. 団体の規約、会則等(代表団体のみ)
  6. 団体構成員名簿(連携主体の構成団体すべて)
  7. 前年度活動報告書及び収支決算書(代表団体のみ)

※申請後、提出書類の2~4のデータをメールにて提出してください。(情報セキュリティの運用上、USBメモリでのデータの受け渡しはできませんのでご了承ください。

(2)報告時の提出書類

  1. 市民共創チャレンジ事業補助金実績報告書(様式第6号)(word)
  2. 市民共創チャレンジ事業実施報告書(様式第7号)(word)
  3. 市民共創チャレンジ事業収支決算書(様式第8号)(word)
  4. 記録写真等の補助事業の成果を証する書類
  5. 領収書または支出を証明する書類
  6. 市民共創チャレンジ事業評価シート(excel)

【問合せ先】
高岡市共創まちづくり課
〒933-8601 高岡市広小路7-50
TEL:0766-20-1328 FAX:0766-20-1641
Mail:kyosomachi@city.takaoka.lg.jp

【募集】市民共創チャレンジ事業を募集します

【事業の趣旨】
高岡市では、「共創の指針」に基づき、「市民が主体的なまちづくり」を推進しています。「市民が主体的なまちづくり」とは、高岡市をよりよくするために、市民のみなさんが自分たちのまちについて考え、創り、育てていくことです。
それには、市民、団体、企業、大学、地域、行政等がこれまで以上に連携すること、地域の課題解決や新たなまちの魅力や地域の価値を創り上げることを目指して取り組むことが必要です。これを「共創」による取り組みと呼んでいます。
市民のみなさんが連携して、地域を元気にし、魅力あふれるまちを創る「共創」による取り組みに対し、支援を行います。

令和2年度市民共創チャレンジ事業募集チラシ(PDF)

【事業の概要】

対象事業

市民、団体、企業、大学、地域等が連携して地域課題の解決や新たなまちの魅力を創出するために取り組む事業

令和2年度中に完了する事業


※次のような取組み例は対象とならないので、取組み内容を一工夫やプラスするなどしてください。

冊子の作成のみ
イベントや祭りの開催のみ
ハード整備(土地、建物等)のみ

申請できる団体 市内で公益的・公共的な活動を行う、5人以上の会員で組織する市民活動団体、企業、地縁組織、大学等が2団体以上連携した団体(連携主体)
補助金 〔補助限度額〕
連携主体を構成する団体数が2団体以上…10万円
連携主体を構成する団体数が3団体以上…15万円
連携主体を構成する団体数が4団体以上…20万円
〔補助率〕
補助対象経費の80%※千円未満の端数は切り捨て
事前相談期間 令和2年4月30日(木曜日)まで
※事業内容の確認のため、申請書提出の前に、必ず共創まちづくり課にご相談をお願いいたします。
申請期間 令和2年5月15日(金曜日)まで
申請方法 申請書類を共創まちづくり課へ直接ご提出ください。

【提出書類】
(1)申請時の提出書類

  1. 市民共創チャレンジ事業補助金交付申請書(様式第1号)(word)
  2. 市民共創チャレンジ事業計画書(様式第2号)(word)
  3. 市民共創チャレンジ事業収支予算書(様式第3号)(word)
    (委託料、原材料費、工事請負費、備品購入費については、見積書やカタログの写し等金額の分かるものを添付してください。)
  4. 連携主体概要書(様式第4号)(word)
  5. 団体の規約、会則等(代表団体のみ)
  6. 団体構成員名簿(連携主体の構成団体すべて)
  7. 前年度活動報告書及び収支決算書(代表団体のみ)

※申請後、提出書類の2~4のデータをメールにて提出してください。(情報セキュリティの運用上、USBメモリでのデータの受け渡しはできませんのでご了承ください。

(2)報告時の提出書類

  1. 市民共創チャレンジ事業補助金実績報告書(様式第6号)(word)
  2. 市民共創チャレンジ事業実施報告書(様式第7号)(word)
  3. 市民共創チャレンジ事業収支決算書(様式第8号)(word)
  4. 記録写真等の補助事業の成果を証する書類
  5. 領収書または支出を証明する書類
  6. 市民共創チャレンジ事業評価シート(excel)

【問合せ先】
高岡市共創まちづくり課
〒933-8601 高岡市広小路7-50
TEL:0766-20-1328 FAX:0766-20-1641
Mail:kyosomachi@city.takaoka.lg.jp

【報告】「令和元年度第2回たかおか共創つながるひろがる交流会」を開催しました

令和2年2月9日(日曜日)に高岡市ふれあい福祉センターにて、令和元年度第2回たかおか共創つながるひろがる交流会を開催しました。
学生さんからアクティブシニアの方まで幅広い年代の方々、さまざまな取組みをされている方々にご参加いただきました。ご参加いただいた皆さま、つなひろ交流会を周知してくださった皆さま、ありがとうございました。

今回は参加者の皆さまが「やってみたいこと」や「広めたいこと」などを持ち寄って交流をしました。
「フィッシュボウル」や「オープンスペーステクノロジー」という手法を使って話し合いをし、参加者からは「若い人も参加していて良かった」、「協力してくれる仲間、つながりができた」などご感想をいただきました。

今回も公募による実行委員会委員の皆さんと共創まちづくり課が共に企画・運営を行い、また、昨年度の実行委員のご協力により、グラフィックファシリテーションを作成していただきました。

実施内容の詳細や写真を高岡市公式ホームページに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

【案内】令和元年度第2回たかおか共創つながるひろがる交流会を開催します

つくろう、あなたのONE TEAM
わたしにもできそうなことがある。
仲間がいるともっとたのしい!!
高岡をよくする“タネ”を持ち寄り、新たな仲間と芽を出してみませんか。
そうすれば高岡にステキな花がきっと咲く。

今回も公募による実行委員会委員のみなさんと共創まちづくり課が共に企画・運営を行います。
チラシは富山大学芸術文化学部の学生にデザインしていただきました。

 

 

開催日時 令和2年2月9日(日曜日)14時~16時(開場・受付13時30分~)
開催場所 高岡市ふれあい福祉センター 多目的ホール(高岡市博労本町4-1)
申込方法 参加申込書(Word)にて共創まちづくり課までお申し込みください。
申込み
・問合せ先

高岡市共創まちづくり課市民共創係
〒933-0064高岡市広小路7番50号
TEL:0766-20-1328
FAX:0766-20-1641
E-MAIL:kyosomachi@city.takaoka.lg.jp

令和元年度第2回たかおか共創つながるひろがる交流会チラシ(PDF)
令和元年度第2回たかおか共創つながるひろがる交流会申込書(Word)

 

【報告】「令和元年度第1回たかおか共創つながるひろがる交流会」を開催しました

令和元年11月30日(土曜日)に、高岡市ふれあい福祉センターにて、令和元年度第1回たかおか共創つながるひろがる交流会を開催しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

交流会の前半は令和元年度市民共創チャレンジ事業の中間報告を行い、今回はポスターセッション方式で各実施団体から報告をしていただきました。

後半は『参加者みんなで「こんな高岡にしたい」を考える』というテーマで交流を行いました。
「フィッシュボウル」や「オープンスペーステクノロジー」という手法を使って話し合いをし、参加者からは「話し合いの中にヒントがたくさんあり、中味の濃い話し合いが出来ました。」というご感想などをいただきました。

今回も公募による実行委員会委員の皆さんと共創まちづくり課が共に企画・運営を行い、また、昨年度の実行委員のご協力により、グラフィックファシリテーションを作成していただきました。

実施内容の詳細や写真を高岡市公式ホームページに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

【案内】令和元年度第1回たかおか共創つながるひろがる交流会を開催します

あつまれ、たかおか大好きさん!
高岡をもっとよくしたい!そんなみなさんが新たに“つながる”“ひろがる”ためのきっかけづくりになる場が開かれます。
「できること」「したいこと」などみなさんのいろいろなアイデアを温かい想いと一緒にもちよって、ふれあわせていきます。
さあ、あなたも一歩踏み出してみませんか?

今年度も公募による実行委員会委員のみなさんと共創まちづくり課が共に企画・運営を行います。

参加者募集中です。お気軽にお申込みください!

 

開催日時 令和元年11月30日(土曜日)13時30分~16時30分(開場・受付13時00分~)
開催場所 高岡市ふれあい福祉センター 多目的ホール(高岡市博労本町4-1)
実施内容

令和元年度市民共創チャレンジ事業の中間報告
5つの実施団体が、これまでの活動状況についてポスターセッション方式で報告します。
参加者は、自分の興味のある団体のところへ行って報告を聞いたり質問したりします。

各団体の報告事業

  • シシ年令和元年地域の獅子舞継承・振興
  • 牧野校下多文化共生交流事業
  • 対話による無業者支援「高岡型」ネットワーク構築事業
  • 住み慣れた地域で暮らし続けるために~住民主体の地域包括ケア~
  • 「語り継ぎたい昭和の福岡町」発掘・活用プロジェクト

各事業の詳細については、令和元年度市民共創チャレンジ事業実施事業をご覧ください。


参加者みんなで「こんな高岡にしたい」を考える

STEP1 「フィッシュボウル」という手法で話し合います。
  1. まず、自分の考えを言いたい人が円になって話し合いをします。
    他の参加者はその円の外側に大きな円を作り、話し合いを聞きます。
  2. その後、「話し合いに参加したい」と思った人は、自由に内側の円の空席に座って話し合いに加わります。

※ここでは自分の考えを述べずに話を聞くだけでもかまいません。

STEP2 「フィッシュボウル」での話し合いをもとに、
「オープンスペーステクノロジー」という手法で話し合います。
  1. 数名がテーマ提起者になります。提起者にはだれもがなれます。
  2. 他の参加者は関心のあるテーマ提起者のところに集まり、テーマごとのグループになります。
  3. グループごとに、テーマについて自分の思いや具体的な考えなどを自由に話し合い、深め合います。
申込方法 参加申込書(Word)にて共創まちづくり課までお申し込みください。
申込み
・問合せ先

高岡市共創まちづくり課市民共創係
〒933-0064高岡市広小路7番50号
TEL:0766-20-1328
FAX:0766-20-1641
E-MAIL:kyosomachi@city.takaoka.lg.jp

令和元年度第1回たかおか共創つながるひろがる交流会チラシ(PDF)
令和元年度第1回たかおか共創つながるひろがる交流会申込書(Word)

【報告】「サポナビたかおか」操作説明会を開催しました。

令和元年8月31日(土曜日)に、クルン高岡B1マルチルームにて、高岡市民活動情報ポータルサイト「サポナビたかおか」操作説明会を開催しました。

「サポナビたかおか」に登録されている団体から参加された方々は、団体からのお知らせや活動の記録の投稿の仕方やプロフィールページの編集方法などについて学び、さっそく活動の予定を掲載したりプロフィールを最新の情報に更新したりされていました。

これからも、団体の活動の様子や予定など積極的に掲載していただけると嬉しいです。
メンバーや会員の募集や「依頼があれば出向きます。」といった案内などにもご活用できます。

操作方法についてわからないことがあれば、高岡市共創まちづくり課までお気軽にお問い合わせください。

 

〈お問い合わせ先〉
高岡市共創まちづくり課
〒933-8601高岡市広小路7番50号高岡市役所7階
TEL:0766-20-1328 FAX:0766-20-1641

【案内】令和元年度市民共創チャレンジ事業が決定しました

高岡市では、「市民が主体的なまちづくり」を推進するため、市民のみなさんが連携して、地域を元気にし、魅力あふれるまちを創る取組みに対し支援を行います。

審査の結果、申請のあったチャレンジ事業5事業を令和元年度市民共創チャレンジ事業補助金の対象事業として決定しました。

詳しくは高岡市公式ホームページをご覧ください。
令和元年度市民共創チャレンジ事業実施事業

【募集】たかおか共創つながるひろがる交流会実行委員を募集します

市民・団体・企業・大学・地域などの皆さんが集い、自分たちが「できること」、「したいこと」をPRし、お互いの活動や想いを知ることで新たなつながりひろがりをつくるとともに、「共創のまちづくり」の実現に向けた取組みにつながる交流を図るため、令和元年11月30日(土曜日)と冬(1~2月頃)にたかおか共創つながるひろがる交流会を開催します。

そこで、交流会の企画・運営を行っていただく実行委員会委員を募集します。

詳しくは高岡市公式ホームページをご覧ください。

あなたからのご応募お待ちしています!

1 / 1412345...10...最後 »