ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

2020年3月
高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

もう1本 コシノカモザクラ

3月20日 高岡古城ライオンズクラブさんによるコシノカモザクラの植樹記事を投稿したがもう1本植樹されていたことが判明した。

もう1本の方の植樹者は高岡商議所女性会さん。同会の55周年を記念して植樹されたものとか。

場所は古城ライオンズクラブさんと同じく小竹藪広場。トイレの横。

古城ライオンズクラブさんが植樹された場所から約10㍍西側。

こちらは2,3輪の花をつけていた。

        高岡商議所女性部さんにより植樹されたコシノカモザクラ(小さくてやや分かりにくい)

 

これで高岡古城公園内のコシノカモザクラは3本になった。

 

コシノヒガンザクラ、タカオカコシノヒガンは満開

                  満開のコシノヒガン

                             写真は3月23日

  2020.3.23

                          高岡観光ボランティアガイド

                          やまたちばな 本保澄雄」

コシノカモザクラ 植樹

高岡にしかない桜、しかもただ1本しかないコシノカモザクラが3月19日に古城ライオンズクラブさんの御協力により植樹された。場所は小竹藪広場、トイレの前。

これで古城公園のコシノカモザクラは2本となった。

       新しく植樹されたコシノカモザクラ

 

 まだ若木で今年の開花は望めないが2~3年後が楽しみ。

 

  2020.3.19

                             高岡観光ボランティアガイド

                              やまたちばな 本保澄雄

 

高岡古城公園 さくら情報

3月14日、東京では靖国神社のソメイヨシノが1,2輪花をつけ開花宣言が行われた。

なんでも観測史上最も早い開花宣言とか。

高岡古城公園でもタカオカコシノヒガン、コシノヒガン(普及型)が咲き始めた。

               タカオカコシノヒガン(小竹藪広場)

 コシノヒガンのうち、江戸時代から高岡城に伝わる独自系統で、花弁が丸くうねりが目立つのが特徴

 

               コシノヒガンザクラ(普及型)(小竹藪広場)

 エドヒガンとキンキマメザクラの雑種。数型が栽培されるが、これは全国で栽培される城端由来の系統

                (写真は3月15日)

 

高岡古城公園のソメイヨシノの開花は1週間後くらいか?

              

                                やまたちばな 本保澄雄

春の訪れ

徒然なるままに春の高岡古城公園を散策。

あちこちに春の訪れを感じた。

                高岡市の花 カタカゴ(梅林向い側)

              平成7年に「高岡市の花」に指定された。

     「もののふの 八十おとめらが 汲みまがう 寺井の上の堅香子の花」 万葉集巻十九 4,143

 

                梅 シシガシラ (梅林)

 

               満開の コシノカモザクラ (小竹藪)

          高岡市出身の加茂善治さんが育成したと推定される早咲き品種。

          平成30年に新種として発表された。花は色が濃く、がくに毛が多い。     

                           写真はいずれも3月12日

 

 

 

                       高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

                                      本保澄雄

高岡古城公園 梅が満開です

3月1日 陽光に誘われ高岡古城公園を散策。

梅が見事に咲いていた。そうだ!!。人ごみを避けて高岡古城公園の梅を見に行こう!!

コロナウイルスの心配は全くなし。

                 思いのまま

 

                 ツキノカツラ

 

                 ブンゴ

 

                   大伴家持 歌

 

   万葉集 巻17 3966番  

    うぐひすの 鳴き散らすらむ 春の花 いつしか君と 手折(たお)りかざさむ

     (うぐいすが鳴き散らしているだろう春の花(梅のこと)、いつになったらあなたと共に折って

 髪にかざせるだろうか) 

     天正19年(747)2月29日に詠まれた歌。病気になった家持が大伴宿祢池主(おおともすくねいけぬし)に贈った歌。

 

                                                        高岡観光ボランティアガイド   やまたちばな 本保澄雄