ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

活動の記録
高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

七尾城址ウオークに参加

 9月15日、快晴の下、七尾城まつり催し物の一つとして《七尾城趾ウオーク》が行われた。

七尾城「高岡城」や「金沢城」とともに日本100名城に選定されている名城。

かっては上杉謙信が攻め落とした城としても有名。

観光会社が主催する「北陸名城巡りバスツアー」には高岡城七尾城、金沢城、、丸岡城、一乗谷城がセットになっている。また、年配の方ならばご存知、三橋美智也が歌う歌謡曲「古城」の舞台にもなったとも言われている。

高岡城をガイドする《やまたちばな》のメンバーとしては是非体験しておきたい名城。

ということで、柴田、鷹西、本保の3人が「七尾城址ウオーク」に挑戦。3人とも七尾城へは数回登城してはいるが、もう一度登城しもっと七尾城を知りたいという学習意欲に燃えてのチャレンジ。

コースは天神山小学校 → 懐古館、七尾城資料館 → 安寧寺 → 三の丸 → 二ノ丸 → 九尺石 →本丸跡(解散)  (約3㎞、所要時間、2時間  標高約300m・比高約250m 途中急な登りなど数か所。)

途中の主要場所は七尾市生涯学習課の担当者が解説

解散後は迂回ルートで下城。合計約6㎞ 3時間半の徒歩。かなりきつい。

下城後は、能登食彩館で食事 利家公が築城した小丸山城址、利家公、利長公の石廟がある長齢寺を散策。

《やまたちばな》の美女二人に囲まれ、おいしいフルーツやお菓子もたっぷり、幸せで楽しく、また有意義な一日を過ごした。

 

                懐古館前 後方に見えるのは能登畠山家の家紋

 

上杉謙信がこよなく愛した本丸からの眺望

 

                   チビッ子サムライ武者行列

 

                城山のろし風船 青空に映えてすばらしい景色

 

                   持参したフルーツの味は格別 

 

                  七尾城最大ポイントの一つ石垣

 

                                                        長齢寺 利家公・利長公宝篋印塔

 

七尾城  能登畠山氏の居城。七代目義総(よしふさ)が整備を進めた。上杉謙信に攻められて落城。謙信はこの城から望む七尾湾の眺望をこよなく愛でた。謙信の死後利家は七尾城を修復するとともに小丸山城の築城に取り掛かかり、完成すると七尾城を廃城とした。

 

伝上杉謙信作 「九月十三夜」

「霜は軍営に満ちて秋気清し 数行の過雁(かがん)月三更(こう) 越山併せ得たり能州の景 遮莫(さもあらばあれ)家郷遠征を憶(おも)う 。    三更 現在の午後10時ころから午前0時ころまで。(季節によって異なる)

2019.9.16                                     

                                            本保澄雄