ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

散り始めたさくら

ソメイヨシノもそろそろ散り始めた。

日本人はなぜか桜の散るを見て感傷に浸る。

「花は桜木人は武士」という言葉がある。「武士の潔さは死に際に在り、桜も散り際が見事であるからうつくしい」ということか。

 

 

                                                                          

                                          やや色あせた桜

 

       

                                                 小竹藪駐車場 (風で集まった花びら)

 

                                                      動物園前 (路いっぱいに花びら)

 

                                                       東外堀の花いかだ

                                 (写真は4月16日)

 

・ひさかたの 光のどけき 春の日に しず心なく 花の散るらむ    紀友則 「古今和歌集」

こんなに光がのどかに射している春の日なのに、なぜ桜の花は落ち着かなげに散っているのだろうか。

  「ひさかたの」 は 日・月・空にかかる枕詞(特に意味はない)

  「花」 はもちろん「さくら」

  日本的で美しい光景。

 

・世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし    在原業平 「古今和歌集」 

  「たえて」 は「まったく」

この世に全く桜というものが無かったら春を過ごす人の心はのどかであろう。桜があるばかりに人々は花見に行くのを今日か今日かと待ちわびている。また桜がいつ散るのかいつ散るのかが気になり落ち着いていることができない。

 桜があるために人々の心が穏やかではないことを述べ人の心を騒ぎ立てる桜のすばらしさを讃えている。

 

     2019.4.16              

                                     やまたちばな 本保澄雄