ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

加賀前田家と梅(菅原道真)

高岡古城公園の梅が満開である。

加賀前田家はことのほかを大事にした。

理由は、加賀前田家あの梅好きで有名な菅原道真の末裔あると自称していたからである。これは利常が言い出したらしい。

先祖・菅原道真が好きだった梅を子孫が大事にするのは当たり前ということで梅を大事にしたのである。

家紋も剣梅鉢にしたのである。

 

                                                      加賀前田家 家紋

 

加賀前田家の先祖・菅原道真について

 

平安時代の貴族、学者、政治家。梅好きで知られる。延喜元(901)年、平安京朝廷内で藤原時平との政争に敗れて遠く大宰府へ左遷された。この時に屋敷内の庭木、日頃からとりわけ愛でてきた梅の木、桜の木、松の木との別れを惜しんだ。その時、梅の木に語りかけるように詠んだのが次の歌である。(出典により若干異なる)

  ➀東風吹かば にほひをこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな  『拾遺和歌集』巻十六雑春

     (こちふかば においおこせよ うめのはな あるじなしとて はるをわするな)

  ➁東風吹かば にほひをこせよ梅の花 主なしとて春わすれそ   『宝物集』巻第二

     (こちふかば においおこせよ うめのはな あるじなしとて はるわすれそ)

     ( ➁は高校の古文の試験や大学入試によく使われる。 文法「な・・・そ」の形)

      「おこす」は「遣す」で送ってよこす。 

  春の東風が吹いたら、忘れずに咲いてお前の芳香と都の便りを遥か西の大宰府まで送ってくれ、と梅に呼びかけている。

  飛び梅伝説も、この歌から生まれた。

 

 

飛梅(とびうめ)伝説

 

道真を慕う庭木のうち、桜は主人が遠い所へ去ってしまうので悲しみのあまりみるみる葉を落とし枯れてしまった。梅と松は、道真の後を追いたいという気持を強く持ち、空を飛んだ。ところが松は途中で力尽き、摂津国に降りこの地に根を下ろした(飛松伝説)。一方梅はみごとにその日一夜にして主人の暮らす大宰府まで飛んで行き、その地に降り立ちしっかりと根付いたという。

飛び梅伝説は、人形浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」の主題ともなっている伝承。 飛梅伝説、飛松伝説は道明寺天満宮など他の地にもみられる。

 

 

太宰府天満宮 

 

「天神様」でしられる菅原道真をまつる「天満宮」の一つ。天神様をまつる神社は全国にあるが「太宰府天満宮」はその総本宮。菅原道真の亡骸が眠る墓所。道真は大宰府で一生を終えた。埋葬のため亡骸を牛車に載せて進んでいたが急に牛が座り込んで動かなくなってしまった。押しても引いても、どうしても動かない。これは菅原道真公の意志であると考えられこの地に「大宰府天満宮」が建てられた。

                                                      太宰府天満宮

 

菅原道真と牛

 

 菅原道真は 永承2(845)年 乙丑(きのとうし)の生まれ、延喜3(903)年丑年に死去。 

菅原道真と牛にまつわる伝説あり。

 

 

天神信仰

 

菅原道真をまつる民間信仰。富山県や石川県に多い。加賀前田家道真の末裔だとして道真を神格化したことが背景。

正月になると、床の間に掛け軸や木像を飾り鏡餅など供える。掛け軸などは男の子が生まれるとその年の12月にお嫁さんの実家から贈られる習わしがある。明治末期ごろまでは、天神様の土人形(*)が飾られれた。

 

 

 (*)とやま土人形

土で作った人形のこと。天神さま、お雛さま、干支の置物などがある。江戸時代末期に名古屋の陶工・広瀬秀信が千歳御殿に窯を築きその子・安二郎が天神臥牛を焼いて献上したのが始まりと言われている。

 

 

福梅

 

福梅は古くから石川県に伝わる和菓子。 加賀前田家の十代藩主前田重教の時代、新春の茶席に献上されたものがお正月の和菓子として伝えられたのが始まりとされる。これが次第に広まり、やがて前田家の家紋である《剣梅鉢》が形取られ石川県の和菓子として伝えられた。

                    福梅

 

                                  参考 インターネト  他

 

                                             本保澄雄