ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

新春の高岡大仏・高岡古城公園

1月4日 快晴 高岡市(伏木)の日中最高気温9.3度 3月上旬の暖かさとか。

お天気に誘われ新春の高岡大仏・高岡古城公園を散策。

 西日を受けて輝く大仏っつさん。pm  4:20 頃

 

       射水神社  さすがこの時間(pm 4:30頃)になると初詣客もまばら

 

      射水神社 合格祈願の絵馬 全員希望校に合格しますように

 

                   雪に覆われた本丸  その向こうには青空が

 

               前田利長公像   今年は開町410年

 

              お正月の装い 高岡の歴史を教えてくれる高岡市立博物館 

 

   ・新たしき  年のはじめは いや年に 雪踏み平らし  常にかくにもが 大伴家持 (万葉集 巻19 4229番)

    (あらたしき としのはじめは いやとしに ゆきふみならし つねにかくにもが)

    大意 新しい年の初めは、毎年毎年ずっと、雪を踏みならして、いつもこうして集まりたいものです。

      「雪踏み平し」という表現は越中にあってこその必然です。)

     ・新しき 年の始めの  初春の 今日降る雪の いや重け吉事  大伴家持 (万葉集 巻20 4516番)

    (あらたしき としのはじめの はつはるの けふ(きょう)ふるゆきの いやしけよごと)

         大意 新しい年の始めの新春の、今日降る雪の積もり重なるように、良いことがますます重なれ

     高岡万葉まつり「万葉集全20巻朗唱の会」でまつり関係者全員で詠いまつりのフィナーレを飾る歌ですね。

                 大伴家持が因幡の国で詠んだ万葉集最後の歌。

 

 

 

     2019.1.5

                                                   本保澄雄