ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

活動の記録
高岡観光ボランティアガイド やまたちばな

勝手に選んだ「やまたちばな」今年の十大ニュース (改訂版)

平成30年もあと数日。そこで勝手に「やまたちばな」(公園を含む)十大ニュースを選んでみた。

 (注 選定あたり「日本海高岡なべ祭り」・「さくら祭り」など毎年定例的に行われる行事は除外した)

 

➀ 過去最高のガイド件数。

 平成   30年  29年  28年  27年  26年
  件数  91  53  42  39  24

   阪急交通社東日本主催のツアー「奥能登・富山おもてなしの旅2日間」で 高岡大仏ガイド件数増加

     

 

➁「観光ボランティアガイド北陸大会in高岡」に参加・運営に協力。

  2月に連絡協議会が設立され「観光ボランティアガイド北陸大会in高岡」がスタート。 

  9月27、28日の2日間にわたり大会が行われた。富山、石川、福井からたくさんの参加者が高岡を訪れた。

  「やまたちばな」会員全員が参加・運営に協力した。

    2月19日 9月28日、29日投稿

➂大雪の爪痕   

  1月25日から降り始めて雪は高岡市内で最大87センチの積雪となった。この雪は高岡古城公園にも大きな被害をもたらした。

  公園内のあちこちで木が倒れたり枝が折れたりした。  1月23日投稿

 

④新品種のサクラ見つかる   

  高岡古城公園で新品種のサクラが見つかった。

  公園の桜の保護育成に努力した加茂善治さんが交配して植えた可能性が高いことから「コシノカモザクラ」と命名された。

    3月22日投稿

     

 

⑤ 高岡が舞台のアニメ「ゆるゆりさん」 高岡古城公園も登場

      原作者 なもり 物語の舞台は高岡市。高岡古城公園は勿論、木津など実際の地名も出てくる。

  数社から本が出版されており2018年1月現在では16巻発売されている。テレビでも放映されているとか。

  富山県のテレビでは放映されてはいないそうです。  9月14日投稿

 

⑥ガイドブックを会員がそれぞれ保管・販売

  会員がそれぞれガイドブックを保管。ガイドの際、観光客に販売できるようにした。

  会員による売上数は未定だがガイドブックの売り上げ増加につながっていることは確実。

 

⑦若い力が台頭 

  福岡君が「富山観光未来塾」を受講。認定ガイド中級に合格。ガイドとして本格スタート。

      5月10日投稿  北日本新聞 2018.5.9

   

 

⑧茶の木を発見 

  利長が築城の際に植えたと言われている茶の木の子孫が残っていた。 7月23,8月1日投稿

   

 

⑨高岡御車山祭の観光案内に参加・協力

  高岡観光協会は今年初めて「御車山観光案内所」を設置。「やまたちばな」からは観光案内要員として参加。

 

⑩桜まつり テント設営場所を変更

  テント設営場所を従来の梅園横から三の丸茶屋横へと変更。

   準備や後始末には便利であったが、当日気温8.2℃。2月下旬の寒さ。ガイド実績35名のみ。さみしく寒い1日であった。

 

番外  梧桐の花はどんな色。7月30投稿       梧桐(2)他に先駆けて落葉。 7月31日投稿

     

                                                    12月30日改訂

 

                                                                 本保澄雄