ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

紅葉 まっさかり  天高く馬肥ゆる秋

 11月17日 快晴   まさに「天高く馬肥ゆる秋」 紅葉を見に高岡古城公園へ行く。紅葉まっさかり。雪への準備も万全

                      梅園前

                      動物園前 内堀側

 

              他に先駆けて落葉すると言われている梧桐(本丸広場)

 

                雪への備えは万全 (本丸広場)

 

《天高く馬肥ゆる秋》 

 

現在は「快適な秋」を表す言葉として使われているが、本来は《警戒せよ》という意味の言葉。

秋は気候がよく、食べ物の種類も量も豊かになる。それで今までより食欲が進む。体調が良くなるのは人ばかりではなく、馬までも元気になり肥る。

 

ところが中国では本来、秋になると匈奴(きょうど)が襲ってくるから《警戒せよ》という意味の言葉だった。  

中国では、秋の収穫の季節なるとそれを狙った遊牧民族の匈奴(きょうど)が馬を駆って国境に襲ってくるのくりかえし。

匈奴(きょうど)が住む北部では寒さが激しく、冬の間はまったく食糧が獲れないので、冬の間の食糧を得るために南下しては、漢の支配地である農村を襲撃して、略奪行為を繰り返して、荒らしまわっていた。

 

   このため、漢の国の趙充国(チョウ ジュウコク)という人が「雲浄妖星落 秋高塞馬肥」と警告した。

              ( チョウジュウコク の有名な言葉 「一見は百聞に如かず」 )

 

   読み 「(雲浄(きよ)くして妖星(ようせい)落ち、秋高くして塞馬(さいば)肥ゆ」

          「妖星落ち」は不吉なことが起こることのたとえ。  「塞馬」は北方の要塞を守る馬。

 

   意味  『北方の騎馬民族の匈奴が、秋も深まり空が高く澄んで馬も元気に肥えるようになると大挙して略奪に来るので、警戒するように』 となる。

 

 しかし、匈奴が滅びた後は現在の意味でつかわれるようになった。

 「雲浄妖星落 秋高塞馬肥」の語源 杜審言(ト シンゲン)の詩。「蘇味道(ソ ミドウ)に贈る」に基づく。

 

 

                                      本保澄雄