ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

ほかにもあった 『茶の木』

 7月23日に「やっと見つけることができた!!茶の木を投稿したが、他の場所でも「茶の木」を見つけることができた。

場所は明丸(動物園)前の土橋(道路)中央分離帯の植え込みの中。

中央分離帯はかなり長いのだが、1か所目は動物園便所真後ろ。桜の大木を挟んで2本の茶の木があった。

もう1か所は同じく動物園北出入口から出たらすぐ目の前。3本も1度に見つけることができたのは幸い。

  (チャ、チャ、チャで素晴らしい!!)

 

                                   動物園便所真後ろ 中央分離帯の中 桜の大木の左右の背の低い木

 

 

                                      茶の木は緑色の実をつけていた。

 

利長と茶室

 利長は高岡城内に茶室を設けた。京都の古田織部の茶室を模したものである。利長は、わざわざ京都に大工を遣わせ、織部の茶室と寸分違わず採寸させ、高岡城内に復元させている。

 茶室がほとんど完成したころ、茶室を確認した利長は見慣れぬ下地窓(したじまど)があることに気づき、

  「ここに開いているこの窓には、どうも承服できぬなぁ」

  「古田織部殿の茶室にもその場所にその大きさの窓がありました」

  「その窓からどのような景色が見えたのだ」

  「その窓からは、東寺の五重塔が見えました」

  「なるほど、そのような窓であったか。では東寺の見えぬ高岡城の茶室には同じ窓を作っても意味はないのう」

利長公はこの窓を塞いでしまった。  (この茶室、どこにあったかは不明) 参考文献 山本和代子『古城万華鏡』

 

                              本保澄雄