ボランティア募集情報

せんまいけ高岡

高岡市市民生活部共創まちづくり課

協働よろず相談窓口
電話:0766-20-1519

〒933-8601 
富山県高岡市広小路7番50号TEL:0766-20-1328
FAX:0766-20-1641

トップへ戻る

協働のまちづくり

高岡市では、目的や性格が異なる組織が、共通の社会的な目的を実現するために、それぞれの組織の力を合わせ、特色を生かしながら、対等の立場で共に考え共に協力して働く「協働」の取り組みを進めています。

高岡市では市民協働のまちづくりを進めています。

市民と行政の協働は、市民と行政がそれぞれの知恵と責任において、今まで以上に連携を深めながらまちづくりに取り組むことです。

協働とは?

「協働」という言葉は、もともとは行政学の用語で、アメリカの政治学者が「地域住民と自治体職員が協力して自治体政府の役割を果たしていく」という概念を表す言葉として造語した“Coproduction”(co「共に」、production「つくる」)が語源であり、それを日本語に置き換えて“協働”という言葉を当てはめたと言われています。 その意味は、同じ目的のために協力して働く、行動するということですが、まちづくりにおける協働(協働のまちづくり)とは、市民と行政が相互の理解と信頼の下、目的を共有し、連携 ・協力して地域の公共的な問題の解決を目指すことです。

協働イメージ

高岡市の協働推進の取り組み

「市民と行政の協働のルールの策定」

高岡市では、平成18年度に「市民と行政の協働のルール」を策定し、市民と行政間で協働事業を行う際のルールづくりを行いました。

→詳細はこちらをご覧ください。(高岡市HP市民と行政の協働のルール)

「提案制度による協働事業」

「市民と行政の協働のルール」に則り、市民団体と行政が事業を実践する制度として、平成21年度より「提案制度による協働事業」を実施しています。当事業を通して、市民、行政ともに、協働意識を育むことが期待されます。

→詳細はこちらをご覧ください。(共創まちづくり課HP提案制度による協働事業)

「協働や市民活動に対する支援体制の確立」

現在高岡市では、市民と行政の協働に加え、さらに民間同士の協働(市民団体と企業、NPO団体同士など)を進めるため、市民協働プラットフォームを開設し、以下のような取り組みを行っています。

(1)総合窓口の設置
協働や市民活動、ボランティアに関する相談対応、地域の課題解決に向けたコーディネート等 【名称】協働よろず相談窓口  【窓口】高岡市役所7階 共創まちづくり課 【専用ダイヤル】0766-20-1519
(2)協働アドバイザーの設置
(3)市民活動団体情報の一元化
高岡市市民活動情報ポータルサイトのリニューアル
(4)協働意識の醸成
市広報「協働かわらばん」の連載、高校生向け啓発パンフレットの作成等
(5)人材・団体育成
提案制度による協働事業、「元気高岡」市民まちづくり事業、市民活動支援・協働推進講座等を通じた育成
(6)市民活動への資金面での支援
ふるさと納税制度メニュー「市民によるまちづくり」の追加、NPO 法人設立支援補助金の創設

トップへ戻る このサイトについて 協働のまちづくり 市民活動ボランティア 助成金情報 リンク集 メールマガジン登録
団体登録様式ダウンロード よくある質問 お問い合せ サイト会員利用規約 サイトマップ

Copyright © 2011 TAKAOKA City All Rights Reserved.