ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

カテゴリー
最新記事
過去の記事一覧
    関連ブログリンク

    アレッセ高岡

    2010年5月に生徒4名でスタートした学習支援教室は、口コミ等で広がりを見せ、2010年1月末現在、17名の外国人中学生が、高校進学を目指して熱心に勉強しています。
    日本語の日常会話はできても、学業に必要な語学能力を身につけられず、学力の低迷が深刻である子どもたちがたくさんいます。彼らが高校受験という高い壁を乗り越えられるよう、各教科の講師陣11名も日夜奮闘中です。
    この支援活動を通して、日本人講師陣と外国人生徒・保護者との交流もあり、お互いの理解も深まっているのを感じます。何より、周囲の大人が子どもたちの状況を理解して支援を施すことで、子どもたちの表情が輝いていきます。彼らの笑顔が支援者のやりがいでもあります。

    プロフィール

    団体名 アレッセ高岡 
    事務局住所 公開しない 
    活動区分 市民活動団体 
    代表者名 代表 青木由香 
    活動分野 人権擁護・平和の推進、国際協力活動、子どもの健全育成 
    会員数 15 
    会員の募集状況 随時募集中 
    会員応募の際の
    問い合わせ先
    Eメール:alece_takaoka@hotmail.co.jp (または火曜5時東部公民館、土曜9時ふれあい福祉センターに直接来ていただく) 
    会の目的 外国につながる子供たちが中学校段階でドロップアウトするのを防ぎ、高校進学率を上げることを第一の目的としています。支援を受けて学力を身につけることで、彼らが本来持つ可能性を十分に発揮し、望む高校や大学・専門学校へ進学したり、よい職を得たりするなど、日本人の子どもたちと同じように自己実現をし、自本と自国(ルーツとなる国)2つの国の懸け橋となる人材に育ってくれること、将来的には、日本の経済においても地域の住民の交流においても彼らが重要な役割を果たしてくれることを期待しています。
    活動状況 ・外国人中学生に対する教科学習の指導(週2~3回、高岡市東部公民館または高岡市ふれあい福祉センター)
    ・進学説明会の開催(外国人保護者を対象に日本の教育事情や高校受験についての情報提供。他のボランティア団体と協働)
    ・父兄会、講師会の実施
    ・高岡市長とのふれあいトークやブラジル・サンパウロ州教育関係者との懇談会、高岡日本海なべ祭りへの出店協力など、ハンディを持つ子どもたちの教育問題について、多くの市民に知ってもらえるよう、積極的に活動しています。