ボランティアのことを、もっと知りたい。NPO・市民活動のことを知りたい。そんなときは高岡市民活動情報ポータルへ。

高岡市民活動 情報ポータルサイト サポナビたかおか

高岡市市民生活部共創まちづくり課 市民活動相談窓口 0766-20-1519

新品種 コシノカモザクラ

 高岡古城公園で見つかった新品種のサクラは「コシノカモザクラ」と命名された。

コシノカモザクラは小竹藪西側にあり、高さ約3㍍、樹齢約30年以上と見られる。

県中央植物園の大原隆明主任が2010年に新品種として学会で発表。31日に学会誌で発表される予定。

発見されるまでは「キンキマメザクラ」とされていた。

キンキマメザクラとカンヒガンザクラの特徴を合わせ持つ。

同公園の木々を整備した高岡市戸出出身の園芸家加茂善治さんが交配して植えた可能性が高いことから、「コシノカモザクラ」と命名された。 県内では高岡市極楽寺、砺波市頼成の森と弁財天公園、富山市の県中央植物園で見られる。これで公園内の桜の品種数は19品種となった。

                         コシノヵモザクラ

 

もう一つ、学名に加茂さんの名前が付いた桜

 二上桜(フタガミザクラ)学名 Cerasus incias ‘Kamoana’

   1970年4月に富山県高岡市・二上山で長基健治、船津金松などによって発見されたキンキマメザクラの八重咲品種。

   葉の形質などからキンキマメザクラと山桜の雑種として推定する説もある。なお、学名の Kamoana  は富山県の桜の保護・育成に尽力した加茂善治氏を記念したもの。富山県中央植物園にある。博労町加茂さん自宅にもあるそうです。

                            二上桜

                                                                                                                                                                                    本保澄雄